2017年8月台北旅行 1日目 久々のファンディン

今回はDENAで予約したバニラエアで行きました

往復2万未満で安かった。チェックインの時にセルフチェックインの機械があるのですが

DENAで買ったから出来ないかもと思ったのですが問題なく出来ました

そして以前買ったネックピローを機内で使ってみたのですが

かなり快適で首も痛めず快眠出来ました

そして入国なのですが安定の桃園空港の大混雑

でも自分には常客証があるから大丈夫と思ったらよく見てみたら有効期限が切れてました。。。

しょうがなく並んで30分以上待ちました

今度からちゃんと有効期限確認してから行こうと心に決めました

シムは入国審査を抜けてここで買いました

会員登録すれば日本に居てもシムのリチャージとか出来るらしいので

もしもの時のためにね。大体空港のシム屋さんが営業してる時間にしか到着しないので

今まで問題なかったのですが一応会員登録をしておきました

そして地下鉄に乗って台北へ

今となっては桃園空港から台北まで地下鉄で行くのが普通みたいになってますが

以前からバスで新幹線の駅まで行ってそこから台北まで行ってた自分としては

バスで新幹線に乗った方が便利かもって思っちゃいました

若干のハードルの高さはあると思うのですが以前からそうやって移動してたので

何の問題もありませんw

バスと新幹線で行った方が良いって思うのは歩いての移動距離の長さです

桃園空港から地下鉄の駅まで意外と歩きます

まだ歩くの?って位歩きます

微妙に道もわかり辛いですし

また、台北駅に着いてからも空港線の台北駅から普通に台北駅まで結構歩きます

最寄り駅が北門駅という位に遠いですw

それに比べて空港に着いてからバス乗り場はエスカレーターを降りてすぐで

近くて便利です

移動時間の合計はあまり差が無いように思えました

それなら指定席もあって確実に座れて歩く移動時間が少ないバスと新幹線の方が

良いかもと思いました。

話がそれたのですがとりあえず北門駅に出て西門目指して今回は初めてOBIKEを使用しました

いつも通りUBIKEでもいいのですけどね

obike乗ったけどやっぱり乗り心地やスピードはUBIKEの方が上

UBIKEキオスクが無い所ならOBIKEの使い価値あるけど

今や主要な所ならたいていどこにでもUBIKEのキオスクあるのでそうそう使わないかも

泊まる所はコスパ重視でインタッチに宿泊

ゴキブリは一回見て以降見ていないので気にしない事にw

台北のゲイ向けホステルのinn touchに泊まってみた

ゲイ旅さんのサイトで知ったのですがIPickGOというアプリをインストールして

チェックイン時に見せると一泊あたり100TWD安くなるとの事で

インストールして見せたら本当に100元安くなり3で泊2100元で泊まれました

インストールはこちら

MOBIKEでインタッチまで来たものの

やはりUBIKEの方が良いと思いUBIKEに乗ろうとしてもエラーになってしまい

なんでだろうと思いキオスクで確認すると

どうも地下鉄で空港から台北駅に移動した時に残高が不足して赤字になっていたみたい

てか赤字でも通り抜け出来る事にびっくりだけどw

なのでセブンでヨーヨーカーをチャージしました

天天理で卵魯肉飯食べて

今まで行った事なかったのですが行ってみたかった緑豆蒜啥咪という名前のカキ氷屋さんへ

うーん、暴力的なまでのマンゴーの存在感wマンゴー美味しかった

でも氷の部分がシェーファービンみたいに牛乳じゃなくて普通の氷で

ジャリジャリして固まってたりしたので頭が痛くなったりw

そして調査してみたかったプールに行ってきました

台北のゲイが多いと言われているプール

プールは健康ランドみたいですがやはりゲイっぽい人がチラホラと

でもタイプの人は居なかったので退散

そして前港プールにも行ってみたけど夏休みか子供だらけだった

夏休み期間は夕方とか夜の方がお仲間が多いのかも?

そしてアニキへ行ったのですが変わりすぎてびっくり

クレジットカードも受け付けなくなってキャッシュオンリーに

自動改札も券売機も何人入ってるとかも

全部電気消えてる電気代上がったからか?

照明もほぼ真っ暗

気になった変更点のまとめはこちら

台北のゲイサウナ aniki wowの現状、変化

とりあえずは安くなったから人は増えた印象でした

そしてファンディン会館へ

変更点のまとめはこちら

伝説の川湯の復活とも言われた皇鼎會館のレポート

色々残念な感じになってました

特別イケメンとは出来なかったのですが

英語が話せる優しい人が車でホテルまで送ってくれました

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする