ゲイ的目線での台北でのホテルの選び方

一般的に考えてやはり一番オススメというか

定番なのは西門町周辺ですね

小熊村と言ったオープンカフェ、

HUNTやコマンダーDといったゲイバー等のゲイ関連施設が一番多い

ゲイが一番集まる場所でもあるので私はいつも西門町付近でホテルを探します

また夜の街でもあるのか飲食店が夜遅くまでやっているのが多いです

出来立てのルーローファンを深夜でも食べれるのは嬉しいです

次の候補としては中山駅付近が上げられます

日本人街としても有名でホテルでも日本語が通用する所が多いみたいです

まぁ一番は台北で一番のゲイサウナのアニキがあるので

いつでもアニキに歩いて行けるというのが利点なのと

中山駅周辺にもゲイバーが何件かあるのでそこの常連ならば

中山駅にホテルを取るのもありですね

中山駅前の有名なゲイバーはMATT BARにSCORPIO、丸、GOLDFISH等があります

自分が深夜の終電が無くなった時間にどこで過ごしている事が多いかを考えて

ホテルを選ぶと良いと思います

タクシー代がもったいないのと

すぐにホテルに戻って休めるからです

温泉好きなら好きな温泉の近くのホテルで良いと思いますし

少し遠いけどGスターが好きという人はGスターの近くのホテルで良いと思います

ちなみに極論を言うとシャワーはゲイサウナや温泉で済ますので

シャワーとかお風呂とかの水周りは無視して

本当にベッドで寝るだけを考えて安い宿で十分だと私は考えてます

なのでSPACE INNやINN CUBEでも特別問題は感じませんでした

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする