バンコクのゲイサウナR3の事件簿

2018年4月16日R3SAUNA営業停止

現在公式HP、FACEBOOK共に閲覧不可能となっています。

2018年4月ソンクラン期間中バンコクの有名ゲイサウナR3で事件が起きました

まず4月11日~16日までの間は毎日OPARTYなるイベントがある為か

連日イベントの時間帯にはロッカーが全て埋まってロッカーの空き待ちの

整理券が配られる程の人気が続いていました

最終的には1時間位待ってやっと入れたという人もいる位です

シャワーが使えない夜がありました

14日の夜には水道管が破裂したらしくシャワーが全く使えなくなり

利用者としてかなりの不便な状況になりました。それだけなら良かったのですが

突然の警察の訪問

連日店の入り口前に大勢の人がたむろして、屋上でも大勢で色々していたのもあってか

近隣の住民から警察に通報があったとの事

4月15日の夜に突然警察がやってきて取調べが始まりました

現場は混乱ですよね

ニュースにもなりました

http://www.tnamcot.com/view/5ad3f07fe3f8e40af2daaa92

ニュースの中身まとめ

ニュースの内容はタイ語なのでよくわかりませんが翻訳アプリを使って推測すると

そもそも営業ライセンスは2015年に期限切れになっており

その時点で駄目なのですが

利用者に尿検査をした所違法薬物の反応が検出された。

との事でもう最悪ですね。そんな訳で現在は営業停止しています

警察が来た時に中に居た利用者は本当に最悪な思いをしたと思います

同じオーナーの系列店のSAUNAMANIAは?

一応気になって調べたのですが4月16日の時点では営業していましたが

警察に怪しまれているのは間違いないと思うので

今後抜き打ちで薬物検査の立ち入り調査があるかもしれません

事件に巻き込まれたくないならあまり行くのはオススメしません

似たような事例は各国であります

日本でもゲイサウナに警察が違法薬物の摘発をした事があるのはもちろんですが

数年前は台北でもクラブイベントやANIKIに薬物調査が入ったりした事があります

2017年10月にも昔で言うゲイサウナのレインボー、今は光馬三音暖という名前のゲイサウナで抜き打ちで薬物調査があり違法薬物所持で逮捕者が出たり

違法薬物には気をつけましょう

自分が持たない、使わないはもちろんなのですが薬物調査に巻き込まれると

警察に拘束されたり色々大変な思いをして折角の旅行の思い出が台無しになるので

そういう噂のあるイベントや場所にはなるべく行かないようにしましょう

特に台北、バンコクは違法薬物の使用が多いらしく

ホームパーティと称してみんなで薬を使うという話も聞いた事があります

自分の身は自分で守るしかないので特に海外に行く時は

くれぐれも違法薬物には関わらないようにしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする