2018年2月27日追記更新 台北 中山の日本語の通じるゲイバー ホストクラブ INNOCENCE CLUB

2018年2月27日現在 ゲイバーとしての営業は終了して

完全にホストクラブとして生まれ変わって営業しています

店の前にこんな看板が立てられていて看板も全体的にリニューアルされています

以前の雰囲気が好きだったのですが今回中に入ったら

チーママや店子さん達はキラキラした昔のいかにもホストみたいな格好をして

出迎えてくれました、ゲイバーとしての営業をしていないのか聞くと

もうしておらずホストクラブとしてのみ営業しているとの事で

料金が高そうなのでそれなら遠慮しますと退店しました

追記終了

台北の中山にあるINNOCENCE CLUBという所がゲイバーなのかホストクラブなのか

いまいちよくわからなかったので調査してきました

ぼったくりホストクラブという噂も聞きましたがどうもライバル店の嫌がらせの嘘の噂っぽい

でも誤解されるようにホストクラブも兼ねているらしく

システムがどうにもややこしかったw

なんとなく聞いてみると日本にもあるような売り線斡旋ゲイバーみたいな感じで

ゲイバーとして飲む事も出来るけどホストを呼んで遊ぶ事も出来ると

ホストクラブとして利用する場合

一人利用でテーブルチャージ2000円

ワイン4000元 ウィスキー6000元

ビール300元

ボーイを指名で1時間当たり2000元との事

ボーイは写真を見て選ぶ事が出来てボーイの写真を見せてもらったのですが

細い若い子だけかと思いきや普通に若いガタイの良いイケメンもいて

一瞬頼みたくなってしまいましたがお金が無いので我慢しましたw

料金説明はママが手書きで説明してくれました

ホストを指名した場合は後ろのソファ席でホストをはべらかせてお触りしまくってましたねw

そして豪華なフルーツ盛りが提供されてました。このフルーツが料金に含まれてるのかはわかりませんが。。。

外観はこんな感じ

店内は非常に広く豪華な感じです

ゲイバーとしての料金はワンドリンクでテーブルチャージ込みで500元です

聞いた話だと400元だったんですが値上がりしたのだと思います

お通しとカットフルーツも出されます

スタッフはママとチーママと店子さんと三人以上です

ママは昔歌舞伎町のホストクラブで働いていたとの事

こちらは看板娘のQちゃんです。凄いおとなしくて可愛いです

抱っこもさせてもらえます。かなり癒されました♪

ママの教育が行き届いているのか接客が

本当に古き良き日本のゲイバーを再現していて、日本語も通じるのもあって

一緒に行った友達もまるで日本にいるみたいと言っていました

ママ以外は日本語はまだ勉強中との事ですが大体の事は通じます

わからない時は筆談でなんとかなるって感じです

カラオケはJOYSOUNDのみでALONG BARみたいに二つのカラオケ機器を使って

入れ替えたりとかそういう複雑なのが無いので便利です

歌っている時の合いの手や終わった後の対応等も本当に日本のゲイバーみたいな対応です

お客さんもみなさん最新のJPOPを歌ったりして本当に日本にいる感じがします

また、この店では無料で浴衣を借りれるとの事でクローゼットを開けると

多量の浴衣があってお客さんが着替えてました

日本人の友達も誘われて着替えてました

気の良いお客さんが居るとお酒をおごってもらったりしていましたね

またパレードだったからかドラァグクイーンの人も女装したまま来ていましたw

この店はチーママも若くて可愛いし店子さんも可愛いし

とても良い店なのですがあえて一つだけ個人的に好きじゃない所をあげると

スタッフの喫煙率が高い所ですかね

そういうのも昔の日本のゲイバーをそのまま再現している感じがしますねw

個人的に台北で一番手厚い接客をしているゲイバーだと思っていて気に入っています

深夜遅い時間に帰る時に終電が終わっている時間なのもあって

ママがタクシーを呼ぼうか?

と気遣いしてもらえたり気遣いが凄いですね

私はUBIKEでホテルまで帰るので大丈夫と断りましたがw

営業時間:20:00~2:00

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする