台北のゲイ向けホステルのinn touchに泊まってみた

台北にあるゲイ向けのホステルのinn touchに泊まってみました

建物の外観はこんな感じで

普通のレストランみたいな感じです

kSngwXUvk0hHSswT.jpg

メールで予め伝えてたチェックイン予定時間に中に入って店員さんにチェックインしたい事を伝えると

ちょっと待ってと言われてレストランスタッフじゃない感じの人がしばらくすると来て

チェックインの手続きとお支払い

一泊800元です

EvzxTPjvXg3mVvC0.jpg

奥の階段から上がって部屋はこんな感じ

Qgy0KLj7rOOQIBhn.jpg

始めに渡された一式の道具はこんな感じで

使い捨ての紙タオルに歯ブラシ、耳栓、サンダルといった感じ

bAe8hXqjcYPCNXAA.jpg

あとルームキーと入り口のオートロックを開けるカードキー

夜になってレストランが閉まるとカードキーを入り口のセンサーに当てないと

中に入れません

UbZR38jFp56Otb6g.jpg

共用部に冷蔵庫と水とか置いてます

0p3h29u45Y6AaoiQ.jpg

トイレとシャワーはこんな感じ

トイレは結構臭くて臭いが気になります

owxiJArVTeqvY33S.jpg

luzkWFIUiuHNxF5K.jpg

他にも一番上の階はpcとダンベルと気持ち程度の筋トレのマシンがありました

私が行った時は二人程筋トレ中だったので写真はとれませんでした

耳栓を渡されたのでそんなにうるさいのかと心配でしたが夜はとても静かで

音は気になりませんでした

ただエアコンが共用で一応リモコンがあって使い方を教えてもらったんですが

いまいちうまく動いてない感じで初日の日中結構暑い思いをしました

二日目以降はちゃんとエアコン動いてましたがそれでも涼しいって感じる程では

なかったですね。暑くなく普通って感じです

たまたま私が泊まった部屋の隣の部屋の人が夜中鍵も閉めずにドアを開けっ放しで寝てて

中をチラって見たんですが

異常に物が散乱してて食べ物もあったり。長期滞在プランで安く泊まれるらしいので

もしかしたらそういう使い方で物が沢山あったのかもしれませんが

無用心だなぁと思いましたが

それ以上に恐怖を感じたのは

ゴキブリが居た事です

やはり食べ物がそうやって散乱してる部屋があるとゴキブリが沸いてしまうのかなと

元々台湾は暑いのでゴキブリがそこらへんに居ますし当然と言えば当然なのですが

やはり見てしまうと気になってしまって

とりあえず部屋から追い出してドアを閉めて隙間がなくなったの確認してから

ベッドの下とか部屋を隅々まで確認してゴキブリがいないのを確認して

少し安心しましたが、その確認の際に思ったのですが

あまり掃除が丁寧にされてない感じがしました

ベッドの下にはホコリが結構たまってて前に使った人のゴミと思われる物も落ちてたり

清潔さを求める人にはあまりオススメ出来ませんね

ただ西門駅から近いので近くにバーが沢山あるので

コスパは良いと思いました

また泊まってみようと思いました。

でも今度行く時ははゴキブリ対策のグッズを持参しようと思います

宿泊客は20~30代の筋肉質な感じの人が多い感じです

イケメンもいました♪

予約方法はagodaからとかは予約出来なくて

公式サイトからメールで予約して下さい。英語が通じます

公式サイトはこちら

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする