2017年1月 ソウル 一日目

一日目
今回はアシアナ航空でソウルまで行きました
受付の人に聞いたらアシアナ航空は

アプリでチェックインすればカウンターチェックインしなくてもいいとの事
直前でパスポートチェックされる位で問題はないらしい
日本でそういう事してるのって珍しいと思いました
大体カウンターに寄ってから来てって航空会社ばかりなので

でもパスポートチェックだけ今して紙の搭乗券も必要なら出すとの事で
特に並ぶ事なくその場でやってくれてなかなか感じの良い人でした

ただ出国の時の荷物検査で
ムートンブーツ履いていったらブーツも検査対象って検査機通されて
スリッパの履き替えるやつを持ってきてくれました

アシアナはANAとコードシェア便らしく、ANAのマイルをつけてくれました
機内には
一人日本人ca乗ってました
入国の手続きに必要なARRIVAL CARDと税関用のカードを配ってたんですが、日本人って言ったのに中国語のカードと日本語の入国必要なカードを配られました
中国語と日本語の違いがわからないのかもしれません

言ったら替えてくれたけど入国カードはやはり中国語w
どうやら入国カードは外国人用は全員同じで
英語と中国語でしか表記がないみたい
税関用のカードは日本語のカードがあってそっちをもらえました

機内エンターテイメントは日本人向けのやつは皆無でした
残念

そしていよいよ出発かと思ったら
滑走路の混雑で6番目との事で
出発まで20分待つ事に
それでも飛んで、途中食後にお茶かコーヒーの配給あり
食事は軽食ながらも美味しかった
そして20分遅れで到着

そして空港から市内までの新幹線みたいなAREXに乗る事に

受付窓口のスタッフは日本語が堪能でした

アシアナ航空を使うとAREXのチケット購入の際に割引があるらしく

知らず普通に機械で買ったけど
後で気づいて係の人に聞いたら
クレジットカードで買う有人の切符売り場行けって言われて
買った切符とレシートとアシアナ航空券を見せたら
払い戻しですねって
英語で話しかけたのに日本語で説明されたw

そしてカードをタッチして右手のエスカレーター降りるように日本語で説明してくれた
1番列車だけど1番列車の前では待てず
3番列車前から乗って1番列車に行かないといけないという
ちょっと不便なシステムでした
切符定価8000ウォンが割引で6900ウォン
自動券売機だと500ウォン引きと書いてた

そして今回の宿の
イテウォンランドのシングルルーム一週間前予約したら一泊5000円が
直前 前日 前々日位だと一泊2500だった。。。
足元見られてた。。。どうせ空いてるんだから
高いと思ったらギリギリに予約する方が中途半端に前に予約するより安いと思いました

そしてソウル駅を降りてすぐ左にレートが良い両替所があるので
そこで両替しました

色々調べたけど今回はあえてバスで行く事にしました

そこらへんの駅員さんに聞いたら日本語で説明してくれるw

二階に登って2番出口出たて色々探したらありました
バス乗り場
なんともオシャレな雰囲気ですが寒い。。。
バスの運ちゃんはかなり厳重な装備に囲まれてるw
暴漢に襲われる事が多いのかな?

バスは前から乗って後ろから降りる方式
どっちにしても乗り降りの時にTマネーカードをタッチで大丈夫

バスの中の案内や音声もほぼ韓国語オンリーなので
GOOGLE MAPの位置情報を頼りにイテウォン付近になったら
降車ボタンを押して
無事イテウォンに着く

街をウロウロしてると日本のラーメン屋さんが行列出来てました
そしてやはり寒いので少し雪が残っている

イテウォンランドスパにチェックインした後は
ぺクサンサウナへ行く事に
ここで失敗したのが行き方を調べるのに
GOOGLE MAPを使った事
後でわかったんですが韓国ではGOOGLE MAPはほとんど死んでて
使えません
位置情報の確認には使えますが
ルート検索はバスしか機能していません
地下鉄で行く方が早くて安かった。。。
バス停しか探さないから最寄りのバス停も結構遠い所まで
歩かされてそれで行く事に
そして乗った赤のバスは2500ウォンで
そしてなんとかぺクサンサウナの近くまで行く事が出来ました

調べた情報を元にぺクサンサウナを探したのですが
なかなか見つからない
韓国語読めないのもあるし夜遅くで暗くて余計わからない
迷いながらなんとか探し当てて入れました

金曜の22時位だと中二階はそこまで人いない
端っこでやってる人
オナってる人はいました
でも暗くて顔よく見えないし微妙かも
個室のチムジルバンもあってそこでカプセルホテル感覚で寝る事が出来そうです
若い子は一人か二人位
そこまでイケメンじゃないけどいました

ガタイの良い人はいなかった。。。
お風呂は温度違いが三つ
あと檜風呂
浴槽の中ヌメヌメしてる部分あったけど全体的にはイテウォンランドよりはマシ
サウナも温度違いが二種類
大体の調査は終了したのでチョンノのゲイタウンへ徒歩で移動
このぺクサンサウナはチョンノからも近いのもあって
ゲイに行きやすいのかも

チョンノの街中でお腹が空いたので適当にお店を探してると
日本語メニューもあってプルコギがある店があったので
入ってみました
一人で入っても大丈夫みたいでした
プルコギを注文すると店の人が日本語で色々話しかけてきました
一人で店に来る人は大体日本人だと
韓国人は大勢で友達と来てうるさいと言ってました

そしてやっぱり水はいつものボトルに入って無料
小皿もおかわりくれたしご飯もおかわりしました
ご飯にプルコギかけると美味しいよってかけてくれたw
プルコギ丼って感じですね
ご飯おかわりはサービスねって安くしてくれたっぽい
合計千円位かな、かなりお腹一杯になりました

そしてチョンノのゲイサウナのGMANへ潜入
19時前なら7000ウォンとそれ以降は13000ウォンとの事
館内着を渡されました
金曜の夜23時位なのですが
お客さんは10人いるかなって感じ
みんな暗い所で寝てるから全然わからない

一人だけイケデブがシャワーを浴びてた位かな
他は喫煙所でタバコ吸ってる細いおじさん一人だけで
他はみんな寝てるのか寝待ちなのかわかりませんが
真っ暗な所で横になってます

これじゃあ面白くないと思いイテウォンに帰ろうとして
電車に乗ったのですが
終電なくなってしまったみたいで
間に合ったと思ったけどウテウォンの一個手前の駅が終点で
降ろされてしまいました
歩いていけない距離でもないけど
めちゃくちゃ寒いのでuberでタクシーを呼んで帰りました
同じくイテウォンに行きたいけど終電で降ろされた外向人グループみたいなのが
イテウォンはこっちの方角で合ってるの?
みたいな事を聞いてきたんで教えてあげました
そしたら歩いて向かってました

UBERなかなか来なかったんですが
乗ったら10分もしないうちに着きましたw
待ってる間に歩いてたら着いてましたねw

そして一番のお気に入りのハミルトンホテルのサウナへ
金曜の0時以降なのに人が少ない
照明が以前より明るくなってるかもしれません
夜の入場料金が値上がりしたからか?
でもおそらく一番の要因はやはりみんな友達と飲んで
過ごしてるからかなーと思いました

お客さんは若細かデブのおっさんしかいなかった。

そんなこんなでヒョンデサウナにも行きましたが
もあまりタイプがいなかった
外人系も多い
本当に暗くて何も見えなく携帯とかライターで照らしてる人が多い

みんな寝てる人を品定めして襲ってるって感じでした
どっちにしても暗くて顔がよくわからないので微妙と思い
脱出してホテルに帰って寝ました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする