台湾の日本人ポルノスターの扱い

日本だとポルノスター、AV女優やAV男優はあまり脚光を浴びにくい存在で日陰の存在になりがちですが台湾ではどうやら違うようです

ある日台湾の友達からいきなり
波多野結衣の画像が送られてきて
この人知ってる?って
その人がプリントされたeasy card(日本で言うsuicaみたいな交通icカード)が発売されるとの事
波多野結衣でググってみたら日本のAV女優で確かに2015年9月にそのカードが発売すると15000枚発行で全額寄付で一瞬で完売したとか
日本人の常識ではそういうのが発売される事自体が考えられないんですが
そういえば新宿二丁目のコレステロールのタクヤさんもある意味ポルノスターで台湾でもかなり人気があるので
そこらへんは台湾人としてはなんでか聞いてみました
どうも台湾ではAVを作るのを規制しており海外の海賊版を見る事しか出来ないと、元々台湾人は日本人が好きだし
日本人のAV女優は美人で好きな人が多く、台湾人にとってアイドルのような存在らしい。つまりSuicaにakbの誰かがプリントされたのが販売されたようなものだと
あと台湾人はエロい人が多いからTVであんな事してしまうタクヤさんの事も台湾ではありえない事だからってメディアが取り上げて注目されたとの事
だとしても日本人感覚ではなかなか理解出来ない現象ですよねw
台湾だとポルノスターになりたくてもなれないと。ポルノスターであるのがもはや一種のステータスような所があり、わざわざポルノスターになりにお金はいらないからビデオに出させて欲しいって言いに来る台湾人もいるとかw
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする