中国 上海のゲイサウナ 联邦レンバン

上海にあるゲイサウナ レンバン

客層

地元民がほとんどで外国人客はほぼ皆無

30代~50代の標準~太目

20代のマネーボーイ 細め~ムッチリ

といった感じです

お客さんはかなり多くてロッカーはほぼ埋まってましたし

シャワーも利用待ちで待たないといけない感じでした

60人はいたと思います

日本人は珍しいみたいで囲まれたりして大変でしたw

みなさん積極的で断ってもグイグイ来ます

負けじと激しく断りましょう

設備

浴場の手前に煮沸消毒しt亜タオルの入れ物があるのでそこでタオルをもらいましょう

かなり熱いので火傷に注意

浴場内はシャワーは6基程あって仕切りがあります

小さい明るいスチームサウナが3個

壊れたスチームサウナ?ただの個室みたいなのが一つ

スチームサウナの中に重い丸い石の椅子が一個あるので

それをバリケード代わりにドアの前に置くと外から中に入れなくなります

それを利用しないと中におじさん達が雪崩れ込んでくるので

負けずに押し出して石でバリケードを造りましょうw

それでもスリガラスでうっすら透けて見えるので

外から目をドアにくっつけて少しでも中を見ようとしてくるおじさんも居ます

かなりの恐怖体験でしたw

シャワーエリアの奥に行くと暗くなっていてそこに臭くて近づけないようなトイレと

暗いスチームサウナ?ダークルームみたいなのがあります

かなり広そうでしたが怖くて奥に行けませんでした

更衣エリアは木製のロッカーで鍵の接触が悪かったりでなかなかドアが開かなかったり

私の使うロッカーの中はスタッフの荷物置きみたいになっていて色んな物があって

埃まみれだったので店の人に事情を説明すると

荷物をどけてくれて埃を軽くはらってくれたりしました。日本ではあり得ないですね

あと更衣エリアというか全館喫煙可能な感じで常にタバコ臭い感じです

二階、三階はベッドのある個室が沢山あります

そこを陣取ってマネーボーイが営業をしかけてきます

普通におじさんがベッドで休んでたりしますが

大体誰かがいるのでお気に入りの人がいたらその部屋に入るのもいいかもしれません

入店の流れ

私が行った時は40元でした

お金を払うとこんなチケットをもらうので

これを中の受付で渡して靴を預けてロッカーキーをもらいます

そしてスリッパを履いてロッカーで着替えます

館内着ももらえます

帰りにロッカーキーを渡すと靴を返してもらえるシステムです

あと24時間営業なのですが外国人は泊まれないので終電位には出るようにしましょう

総評

今まで行ったゲイサウナで一番カオスな体験をしました

これぞ中国といった感じなのかもしれませんが

一度は体験してみるのも良いと思います

今度上海に行く時も一度は行ってみる予定です

行き方

陸家浜路駅から地図を頼りに歩いていって

この建物が見えたらこの中を通って

右手にこの建物があるのでこの一階のドアから中に入ります

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする