シンガポールのゲイサウナ 天門 TEN MENS CLUB

シンガポールのチャイナタウンになる天門 TEN MENS CLUBの紹介です

客層

客層は太めの30代以上がメインといった感じです

40代が一番多いかもしれません

クルーズやキーボックスに比べるとやや平均年齢が高く見えますが

若いガチムチもたまに居るかもしれませんが

筋肉より脂肪が多い人の方が多いです

料金が安いからか集客力はかなりありそうです

金曜の昼間に行っても20人はいました

設備

一階 階段

二階 受付、ロッカー、シャワー、暗いスチームサウナ、トイレ、シアタールーム

中二階 ダークゾーン、個室

三階 2階のロッカーから上がる階段あり、ダークゾーン、個室

四階 屋外休憩所兼喫煙所

各個室にはトイレットペーパーは設置されてますが、ローションやゴムは受け付けでもらって持参しましょう

営業時間&料金

クルーズやキーボックスが会員以外に高いのに対して

ここは初回の外国人でもかなり安い料金で入れるので旅行者にとって入りやすいと思います

基本料金として

平日、日曜

12:00~20:00 10ドル

20:00~23:00 12ドル

金曜、土曜、祝前日

12:00~21:00 10ドル

21:00~2:00 12ドル

日曜、祝日

12:00~20:00 10ドル

20:00~23:00 12ドル

再入場は6ドルですので出る時にリエントリーと伝えましょう

35歳以下はいつでも10ドルみたいな割引もやってたりします

初回無料?より安く入る方法

公式LINEを友達に追加すると色々と割引クーポンが配布されます

@tenmensclub

私が行った時はフリーエントリーのクーポンでした

こんな感じで送られてきました

受付でこの画面を見せると店の人が使用済みにしてくれます

使用済みになるとこんな風になって使えなくなります

他にも色々とイベント情報やクーポンが送られてくるので

登録するのをオススメします

最近よく見るのは入場料半額クーポンですね

イベント

毎週水曜、土曜はスキンナイトというイベントがあって夜になると強制全裸になります

他にも不定期に毎月一回位金曜や土曜の夜にDJを呼んだり褌ナイトだったりアンダーウェアナイトだったり

色々イベントがあるみたいです

詳しくはLINEを登録しましょう

住所、行き方、外観

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする