2017年12月 韓国 四日目 釜山のイケメンの家にお泊り

朝起きてゲイが居るという噂のノンケサウナに行ってみました

バスを使って行っても良かったのですが観光がてらに歩いて行きました

韓国語のみでさっぱりわからなかったのですが

とりあえずお金を払って二階に行くと男っぽいマークが書いてたので

そこに入る事に、サウナも潰れてて浴槽もぬるくて小さいし

水風呂なんて水位が引く過ぎだし場末感が半端ないです

近くにもっと豪華なチムジルバンがあるのにここに来るってのは

やっぱりそういう人なのかもしれません

地味にお客さんも入ってる感じです

屋根裏への階段が休憩室にあって行ってみると真っ暗過ぎて何も見えない

何人寝転がっているかわからない。。。

挑戦しても良かったのですがイケメンいなさそうと思ったので

帰りましたw

一応オンドルは効いてて温かいです

そんな訳でKTXに乗って釜山へ

釜山駅前にある広場観光ホテルのサウナがゲイのたまり場になってると聞いて
突撃してみました

広場観光ホテルにエレベーターで3階へ行って

靴をおいて受付で靴の番号言って

お金を払います。昼は6000ウォンでした

受付の人には日本語が通じます。

受付でタオルとガウンをもらってロッカーへ行くと

ロッカーの中にコンドームがありましたw

浴室では浴槽の縁に寝てたり更衣室の床で寝てたりどこでも寝てるw

これが韓国かーって感じw風呂場の上の階が休憩所になっていて

シアタールーム的なtvと椅子が並んでる大きいホールみたいな所と

二段ベッドが並んでる部屋

あとは暗い雑魚寝部屋があります。

二段ベッドの部屋は16時には掃除が入ってて使用不能でした。

集めてたゴミにコンドームの空き容器とかもあったwここはいったい。。。w

雑魚寝部屋はみんなやり放題で大乱行状態

でも年齢層は高めでおじさんばかりです

文化サウナもこんな感じなのかも?

雑魚寝で試しに横なったらすぐ手出されました

タイプじゃないからマグロってたら最終的に諦めてましたが周りの目が気になるw

薄暗いけど顔は見える暗いの明るさはあります。

tvのある大部屋で床に布団敷いて寝てる人が何人かいて

大部屋でなんとかコンセント見つけて近くに布団を敷いて充電してたらずっと横になりながらこっちをチラチラ見てくる若い子がこっちをガン見してきて。

その子がこっち見て隣に来いみたいに隣をポンポン叩くから行ってみる事にw

特にタイプじゃなかったんで軽く添い寝だけして肌触りを堪能w

雑魚寝の所行こうと誘われたけど断りました。

にしても情熱的というか積極的な人が多い印象です

そして釜山の若いガタイ良い人が集まるというゲイサウナのジャックポットへ行きました。http://gayasiahatten.com/2017/12/18/post-3489/

若いイケメンが多いと噂のジャックポット

外国人料金が以前の情報より値上がりしてて地元民の倍位の20000ウォンに。。。

その時点でちょっと萎えたのですがとりあえず入りました。

入れ違い位で凄いイケメンが出て行ったので客層的には若いガタイ良いイケメンが多いというのは本当だと思いました。

で中を散策してタイプの人が居たのでイチャイチャして話してみると

どうやら中国人の留学生でした

wechatを交換して一緒にご飯を食べに行く事に。

オススメのお店を適当に聞いて連れてってくれたのがここ

日本語メニューもあって冷麺が美味しかったので満足。

泊まる所はどこか聞かれたのですが

ゲイサウナとかノンケサウナで泊まる予定で特にホテルをとってないと教えると

うちに泊まりに来て良いとの事で誘ってもらえたので

お言葉に甘えて行く事に。

バスに揺られてその子の家でお泊りしました。

凄い優しい良い子で良い出会いがあって良かったです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする