2018年5月19日追記更新あり 新宿で一番の集客力を誇る外国人も多くホテル代わりにも使えるゲイ向けクルージングスペース bodybreath

2018年5月19日追記

館内の写真撮影の取材許可が下りたので写真を追加しました

シューズロッカー

受付

発展エリアの道は狭くすれ違う時にアプローチしやすい仕様です

個室にはゴムとローションとティッシュが設置されています

外国人向けだからか和のテイストが取り入れられていますね

ケツ堀りブランコもあります

ロッカーに注意書きが日本語と英語で書いてます

携帯電話も自由に充電出来て暗証番号で鍵を掛けれるので便利です

ここはオーナーのこだわりの造りというチンコ型洗面台です

シャワーは海外では珍しくないのですが日本では相当珍しい仕様の

個室型ではなく一つの空間で四人同時に使える仕様になっています

トイレの標識にもこだわりがあってトイレに入るとこういう風に看板が光ります

この看板もオーダーメイドで各部屋違う看板を作ったとの事で

それぞれよく見ると下着が違います

これがベアーズキャンプへのドアです

東京 若い太めな人が好きな人にオススメの発展場 BEARS CAMP

BODYBREATH!の利用者は

10代・20代:普通~ガイムチポチャデブ 30代~:ガチムチポチャ
※ スリム体型 や 30代~の普通体型の人は移動出来ません

移動してもコンセプト外と判断されるとスタッフに声を掛けられ注意されるとの事

この数字の所にタッチセンサーが内臓されていてロッカーキーのセンサー部分をタッチするとドアが開きます

客層

東京のハッテン場は色々一通り行きましたが

今現在一番の集客力があるのはここだと思います

簡易宿泊所を兼ねた一面もあるので

本当に寝る為に来る人も多いのでやる気がある人は多くないかもしれませんが

それでもやはり人が集まって賑わっているのが一番です

それにここは若者が多いです

20代~30代がメインの客層です

細い人も居ますがガッチリ、ガチムチもチラホラ

集客力がある為色んな人が来ます

ただ、それ故競争率も激しくなるのでマチコだとよっぽど

自分のスペックが高くないと売れ残る可能性もありますのでご利用は計画的に

もし太目の人も好きな人なら隣接店舗のBEARS CAMPへ移動する事が出来るので

そちらに太目の人を探しに行く事が可能です

東京 若い太めな人が好きな人にオススメの発展場 BEARS CAMP

入店制限

極端な体型(痩せ過ぎ、太り過ぎ)や長髪、男気を感じない人は入る事が出来ません

外国人が多い

更にここの特徴として日本人以外のお客さんも多いのが特徴です

公式サイトでもアジア向けを意識している為

中国台湾等アジア系の日本人っぽくない人もチラホラ見かけます

外国人や地方から遊びに来た人向けに

ホテル代わりに長期滞在に利用してもらえるように

30代の人には三日間、五日間、一週間のフリーパス利用もあります

飛行機やバスの切符等を見せれば購入出来ます

20代や若者は旅行者じゃなくてもいつでもフリーパスを購入出来ます

実際に私の友達の台湾人もホテル代わりにここを利用している人を見ました

設備

ここは設備面も充実しています

タオルは使い放題、毛布も借りれます

人が沢山来ても対応出来るようにシャワーは4基

トイレもシャワ浣対応したウォッシュレット付きのトイレが2つ

睡眠が取れる個室も多数あります(ゴム・ローション完備)

携帯を充電出来る充電BOXもあり

朝起きる為のアラームも貸りれます

ここの設備の唯一にして絶対的な弱点は

水周りの弱さです、シャワーを四人同時に使う等水量が足りてないのか

シャワー時に水圧が弱く不満に感じる人はいると思います

公式サイト:http://www.bodybreath.jp/jp/

営業時間

24時間営業

入店制限

女っぽい人や長髪、明らかに脂肪だけで太ってる人等

パッと見て男っぽくない人は入れないとの事です

年齢は40代まで可

最初は入れても中でオネエ全快でホゲちらかしてたら退店させられる事もあるとの事

男気がないと駄目との事でしぐさや挙動がオネエ過ぎても駄目との事です

住所・アクセス

駅前という訳ではないですが新宿二丁目からは近いです

なので店子さんが仕事前後に休憩しに来るというのも多いと思われます

BOOKOFFの手前から地下に降りる階段があるのでおこから行けます

〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目2−1

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする