台北の228公園の現状

2017年9月19日追記更新

公園内が色々と改装されました

以前紹介したゲイが集まる場所は木が多かったりして

木陰になってたり建物の影があったりしたのですが

木も伐採され影もなくなり、花壇みたいなのが出来てたり

柵みたいなのが出来て立ち入れなくなってました

それに伴ってゲイの集まりが悪くなっていました

まったく居ない訳ではないのですが以前と比べると

おとなしくなった感があります。

やはりゲイが色々とやり過ぎて対策されたのだと思います

台北でもこういう所は日本と同じ末路ですね

追記更新終了

昔から228公園は台湾ゲイの社交場としても

機能していました。今はポケモンGO効果か

常に公園には人が居てゲイは離れたのかなと思ったのですが

台北ゲイパレード期間中に友達から教えてもらって行ってみると

ゲイが結構いました

ちょうどこの下の画像の点の辺りですね

他にも色々居たのですがここが一番多かったと思います

その時の時間には0:00過ぎとか結構遅い時間でした

こういう場所に来るのは年配の人が多いと思ったのですが

結構若い人も来てましたね

R19SYN22lkiV4khi.png

これがパレード期間でどこに行ってもこの周囲はゲイだらけだからなのか

普段からそうなのかわかりませんが

こういう所に行ってみるのもまた風情があるかもしれません

夜は涼しいですし散歩にぴったりです

詳しい行き方や地図は下記の通りです

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする